オンライン英会話の具体的なレッスン

オンライン英会話の大まかな特徴や目的達成までの流れ、適性などについてお話してきましたが、ここでは少し具体的なレッスンの方法についても触れておきたいと思います。というのも、たとえばコストパフォーマンスをはじめとして、オンライン英会話が人気を集める理由についていろいろお話してきましたが、実はこの部分が一番人気を集める理由になっているのではないかと思われるからです。

英語を話すことができるようになるためにはどうしたらよいかと質問すると、時折とにかく英語圏の国に行っちゃえばいいんだよと答える人がいます。私もかつてそんなことを言われことが何度かありましたが、そのときは正直、ずいぶん乱暴な発想だな…と、閉口しなければなりませんでした。

しかし、現実的かどうかは別としても、確かに知らない国であろうとどこであろうと、人が暮らす空間であれば、どうしたってコミュニケーションを持たなければならないわけですし、そうなれば、その国が英語圏の国であれば、どうしたって英語でコミュニケーションしなければならないわけですから、好むと好まざるとにかかわらず、英語が話せるようになってしまうのです。というより、英語を話すことができなければ、その土地で生きていくことができないのです。

よほどの事情や思い入れがない限り、そこまでする人はいませんが、しかしオンライン英会話の場合、ある意味その環境をつくることができるかもしれないということもまた事実です。それが、カランメソッドとかDMEメソッドなどと呼ばれる、ある意味オンライン英会話ならではの手法です。

カランメソッド、DMEメソッドの特徴

英語に自信があろうとなかろうと、英語の学習をするときには、ほとんどの人が英語の辞書を利用することになると思いますが、英語に自信がない人の場合、その際にいわゆる英英辞典を利用するケースは多くないはずです。

日本人にとって、英語の学習、英語の上達を邪魔しているのが、実は日本語であるということを主張する人はたくさんいますが、英英辞典なら、日本語が一切書かれていないわけですから、もし日本語が英語の上達を本当に邪魔しているとするならば、英英辞典の利用価値は非常に高いことになります。カランメソッド、DMEメソッドの特徴は、実はこの英英辞典の発想を用い、その効果を利用したメソッドなのです。

どういうことかというと、カランメソッド、DMEメソッドでは、レッスンの最中はあらゆる日本語を禁止するという手法がとられます。1レッスンあたりの時間制限が設けられているオンライン英会話では不可能ですが、実際のカランメソッド、DMEメソッドを採用したレッスンは、日本語を利用したらすべてはじめからやり直しという厳しいものとして知られています。

基本的には、インストラクターが一方的にイニシアティブを握るレッスン進行ということになります。インストラクターが、生徒に対してすべて英語で質問し、生徒はこれに英語で応答します。その際に、単語やイディオム、文法についても英語で説明が加えられます。また、発音矯正も同時に行われることになります。

カランメソッド、DMEメソッドでは、リーディングをかなり重視し、また、ディクテーション(読み上げられた英語の書き取り)もがっつりと行います。レッスン数回ごとに試験が実施され、その試験に合格できないと、またそのセクションをはじめからやり直すという、オンライン英会話としてはかなり厳しいトレーニングを積むことができるというメリットが、カランメソッド、DMEメソッドの特徴になります。

もちろん、すべてのオンライン英会話でこの手法が用いられているわけではありませんので、そういうトレーニングがイヤだという人は、これらのメソッドを採用していないオンライン英会話を利用することも十分可能です。

カランメソッドについて

こちらも、時間制限があるオンライン英会話では実現しづらいトレーニング法ですが、このメソッドを基にしたレッスンを実施しているオンライン英会話もあります。

カランメソッドという手法は、上記に示したように、日本語に頼ったらやり直しということはもちろんですが、実はそれだけではなく、さらにスピーディーで正しい応答ができなければやり直しというのが本来意味するところのカランメソッドなのです。

ここで注意しておきたいのが、スピードだけではなく、正しいという部分です。実は、カランメソッドでは、文法も発音もスペリングもすべて正しくスピーディーに応答できない限り、延々とやり直しをするという、かなりのスパルタ的なメソッドになります。当然、リーディングやディクテーションもすべて正しく、スピーディーに実行されなければ、例外なく不合格となってしまいます。

年端のいかない少年少女には少々気の毒なメソッドであるといえるかもしれませんが、しかし、英会話を短時間で実用化したいビジネスマンにとっては、これほど効果が高いメソッドもないのではないかと思われるくらい、非常に高い効果が表れる手法です。だからこそ、短時間での実用化を目指すビジネスマンにはとても人気があるメソッドでもあるのです。

DMEメソッドについて

このメソッドは、上記のカランメソッドを改良したメソッドであると説明されることが多いです。改良版ですから、基本的にはカランメソッドを大きく逸脱することはありません。カランメソッドをベースとして、さらに何が進化したのかというと、DMEメソッドでは、テキストを利用するという点で改良が行われています。

時代的背景もあるかと思いますが、カランメソッドでは、上記のとおり本格的なスパルタレッスンであることがわかると思います。しかし、DMEメソッドの場合、カランメソッドほどスパルタという印象はなくなります。その分、上達もカランメソッドにくらべると、DMEメソッドのほうが若干緩やかになります。

上達が緩やかになるというのはそれほど悪いことではありません。すぐに上達したものは、そこからしっかりと使い込まない限り、どんどん忘れていきがちですが、ゆっくり時間をかけて上達したものは、そう簡単に抜けていかないというメリットがあります。また、単にレッスンの進行のスピードが緩やかであるというだけではなく、それだけ場数を踏むことができるという意味で、緩やかな進行であるととらえていただきたいと思います。ですから、そういった意味でもDMEメソッドは改良版であるといえるでしょう。

多少スパルタ色が緩和されるとは言え、これはあくまでもカランメソッドとくらべてという話ですから、はじめてオンライン英会話のレッスンを受ける人からすると、もしはじめのレッスンがこのDMEメソッドによるレッスンだったとすれば、やはり相当ハードなレッスンであったと感じることになると思います。とはいえ、これが英会話の上達という意味で言えば、やはり良い手法であることは間違いありません。

Copyright © オンライン英会話 オススメ・比較・ランキング. All rights reserved.