オンライン英会話のメリットを再認識してみる

オンライン英会話で英会話の学習をするメリットはいろいろ考えられます。たとえば時間的な自由度、場所的な自由度もそうですし、コストパフォーマンスの高さもそうでしょう。しかしやはり、マンツーマンレッスンを受けることができるというのも、前者のファクターと同等かそれ以上のメリットがあると考えて、オンライン英会話を利用しようと考える人も少なくないはずです。

しかし、マンツーマンレッスンよりも、むしろグループ(2名以上)でのレッスンを、オンライン英会話で受講したいという人も、意外と少なくないのです。ですから、マンツーマンレッスンを実施している会社にくらべると、はるかにその数は少なくなるとはいえ、1レッスンで2名以上のグループレッスンのサービスを提供している会社も存在しています。

とにかく価値観はその人によって異なりますので、そのニーズに対して多様な対応が必要になってきているのが、現在のオンライン英会話業界の内情なのです。

グループレッスンの特徴

オンライン英会話におけるグループレッスン、確かにその数自体はあまり多くはありませんが、しかし、グループレッスンだからこそオンライン英会話を利用したいと考える人も、実は意外と少なくありません。

オンライン英会話のグループレッスンの特徴は、1レッスンにつきインストラクターが1人というのは同じですが、受講する生徒が2~5名程度である(一般論です)という点で、従来のマンツーマンレッスンとは大きくレッスンのスタイルが異なります。

一般的には、英会話の上達という観点からすれば、やはりグループよりもマンツーマンのレッスンのほうがメリットが大きいように感じられると思いますが、ではなぜ、せっかくのマンツーマンレッスンではなく、グループレッスンのほうを選択する必要があるのでしょうか?そのメリットはいったいどこにあるのでしょうか?

次のところでは、そういった部分について触れてみたいと思います。

オンライン英会話を挫折した経験がある人にはプラスが大きい

マンツーマンではなく、なぜグループなの?と不思議で仕方がないという人は、おそらくこれまでにオンライン英会話で挫折を経験したことがない人でしょう。オンライン英会話のレッスンは、基本的には日本語をつかうことができないため、慣れていない人、それだけの覚悟がない人にとっては、正直かなりシビアなレッスンであるように感じられることも少なくありません。

ですから、図らずも、もう辞めたい…という気持ちになってしまう人も、オンライン英会話の世界では、実は意外と少なくないのです。もちろんそこからもう一度がんばって、必死になって英会話を上達させた人もいます。それはとても素晴らしいことです。しかし残念ながら、もうこれ以上オンライン英会話を続けることはできないという判断から、挫折してしまう人も少なくないというのが実際のところです。

しかし、その挫折を乗り越えたい、もう一度がんばってみたいという考え方の人だって、それはとても素晴らしいファイトだと思います。そういう人は、自分の英会話を上達させたい、レベルを上げたいという気持ちがとても強いのだと思います。ただ、前回と同じことをしていたのでは、前回と同じ結果を繰り返してしまうリスクだって当然あります。

そこで、より挫折しづらい環境を提供しましょうという発想で生まれたのが、グループレッスンというサービスなのです。つまり、ひとりではどうしてもつらくなってしまうレッスンも、グループであれば、みんなで力を合わせて…ではありませんが、まさにそんな仲間意識で厳しいレッスンを乗り越えることができる可能性が高まるのです。

できなかったことができるようになること、これはとても大きなメリットであるといえます。ですから、グループレッスンというレッスン体系は、とてもメリットが大きいといえるのです。

メイトの問題点を客観的に知ることができる

マンツーマンレッスンというのは、レッスンの内容の濃さという意味では非常に充実したレッスンをこなすことができることは言うまでもありません。しかし、上記のようにモチベーションを保つということ以外にも、グループレッスンにはいろいろとメリットがあります。

そのメリットとは、メイトの問題点を客観的に知ることができるというところにあります。これはどういうことかというと、マンツーマンレッスンの場合だと、正しくない表現をしたり誤った表記をしたりするのは、あくまでも自分ひとりということになります。

しかし、メイト(いわゆるレッスンメイト)がいることで、そういった修正ポイントが、自分ひとりではなく、そのメイトにも表れることに当然なります。であるとすると、メイトの問題点を客観的に自分のものととらえることで、英会話の上達がまた別の方向から助けられることになるわけです。しかも、その人数が2人なら、単純計算で2倍のメリットということになり、5人いれば、もしかしたら5倍のメリットを得ることができるかもしれないのです。

そういう観点からすると、マンツーマンレッスンよりもグループレッスンのほうがはるかに大きなメリットがある可能性さえ十分考えられるのです。

外国人の友達とともに上達することができる

別に、力を合わせて頑張りましょうなどという小学生のような話をしているわけではありません。力を合わせて…ということであれば、外国人ではなく、日本人であったとしても問題ないわけです。しかしそういう考え方は、あくまでもモチベーションをキープすることができるというメリットであり、これについては、すでにはじめに触れてあります。

レッスンメイトが外国人であるというところにメリットがあります。もちろん、会社によってどういうメンバー構成になるのかが少々微妙なところもありますが、もしレッスンメイトに外国人であり、しかも、日本語を離すことができない外国人がいたとするならば、そのメイトとは、ぜひお友だちになっていただきたいと思います。

オンライン英会話を利用しているのは、何も日本人だけとは限りません。韓国や中国、その他地域の人もオンライン英会話を利用しています。もちろん出会いを模索するような意味ではありません。英会話が上達するためには、このことが意外と大きなメリットになると考えられるのです。つまり、日本語やそのメイトの母国語でコミュニケーションをとれない以上、その新しい友達とは、英語をつかってコミュニケーションする以外に方法はありません。それはつまり、友達とのコミュニケーションがそのまま英会話のレッスンということになるのです。

もちろんこれはオンライン英会話のレッスンとは別ですから、お金もかかりません。すると、この部分にもまた新たなメリットの可能性を見出すことができるのです。

上記のように、ちょっと考えただけではあまりメリットが多くないようにも感じられるグループレッスンには、考えられる以上のメリットがあることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

Copyright © オンライン英会話 オススメ・比較・ランキング. All rights reserved.