向上心さえあれば問題ない

日本人が英語を話せるようになるための条件は、あまりにもたくさんありすぎて困ってしまう…という考え方がある一方で、いやいや、一般論として英語よりもはるかに難しい日本語を使いこなしているのだから、英語が話せるようにならないはずがない…という意見も当然あるでしょう。

この相反する意見のどちらが正しいかを明言するわけにはいきません。どちらも正しい部分を含んでいる(と考えられる)し、どちらも正しくない(ように感じられる)部分を含んでいるからです。

基本的に、向上心さえあれば、そして、その向上心にそれなりに見合った努力を惜しみさえしなければ、概して英語が得意ではないとされる日本人が英語を話せるようになる日が、いつの日か必ずやってくるはずです。

ただし、じゃあ努力すればいいんですね…などと単純な考え方はしないでいただきたいと思います。なぜなら、その対象がニガテであればあるほど、努力しようと思って簡単に努力できるものではないからです。このことは英語に限らず、どんなことにも当てはまるというべきでしょう。もちろん英語も、ある条件を満足しない限り、いくら努力したくても(向上心があっても)、そう簡単に努力できるものではないということになるでしょう。

では、その条件とは何かというと、やはり英語に対するコンプレックスをなくすことに尽きると思います。コンプレックスがあると、本来好きだった物事でさえキライになってしまうくらいの危険を大きくはらんでしまいます。キライになってしまったら、とてもではないけれど、努力したいという気持ちは湧いてきません。

いくつかのパターンに分けて考える

ただ、英語にコンプレックスがあろうとなかろうと、そもそも英語ができるようになる必要がなければ、無理して英語にトライする必要もないわけですから、言うほど難しく考える必要も実はないのです。ですからまずは、どんな理由でもいいから、英語を話せるようになりたいと考える人が、この先を考えていけばよいことになります。

ただし、例外的に、英語なんてまったく話したくないけれど、必要に迫られているから仕方なく話せるようにならなければならないという人も、この先のことを考えていかなければなりません。そして、どちらのパターンにしても、その人には、英語を話せるようになるということに対する向上心があることには間違いないのです。

向上心が認められたところで、英語を話せるようになりたいか否かにかかわらず、英語に関するコンプレックスの有無で場合分けするのは非常に重要になります。上でも言いましたが、英語にコンプレックスがある以上、必要に迫られているか否かにかかわらず、いつか挫折してしまうリスクを大きくはらんでいることになります。必要に迫られている人にとって、もしそうなってしまったら、これはまさに死活問題ともなりかねない深刻な状況であるといえます。

ということは、状況や事情はどうあれ、英語が話せるようになるためには、まずは英語に対するコンプレックスをなくすことが先決であると考えられます。

英語のコンプレックスをなくす方法

確かに、コンプレックスの有無が英語の上達には大きくかかわってくることは間違いありません。ただ、よく考えてみると、英語に限らず、コンプレックスというのはほんのつまらないことがキッカケとなって、自分の身にまとわりついてくるものであるという印象があります。

逆にそういった種類のコンプレックスというのは、意外と簡単なキッカケでコロッとはずれてしまうものでもあるのです。実は、英語のコンプレックスをなくす方法は、ここに大きなヒントが隠されていることになります。

とは言っても、これはすべての人に当てはまる種類の方法ではありません。何しろ、コンプレックスというもの自体、あまりにも個人差が大きすぎるだけに、一般論として片づけてしまうことができない対象でもあります。ですから、これからお話するのは、あくまでも可能性を模索する範囲にすぎないということを、あらかじめご了承いただきたいと思います。

キッカケをどこに求めるか

あまり難しいことは考えないようにしましょう。ただでさえコンプレックスがある英語に立ち向かおうと、ともすればそのモチベーションが一気になくなってしまうリスクもある状況ですから、できるだけ簡単にお話します。

たとえば、自分が好きな外国人歌手の曲を1曲丸々歌えるようにする、というのはなかなか悪くない方法であるといえます。できるだけ好きな歌手の、できるだけ好きな曲を選曲して、その1曲を完璧にするのです。

また、音楽に興味がない人であれば、大好きな映画のワンフレーズずつをいくつか集め、名言集のようなイメージで、そのすべてのフレーズを丸暗記する、という方法も考えられます。

他にもその人なりの好みがあると思いますので、これを英語で極めるということを心掛け、他の一切のことを気にせず、とにかくそれだけに全身全霊を注いでみる…などという作戦を、ぜひ実行していただきたいと思います。

そのかわり、とにかく正しく発音すること、意味が分からなければ、徹底的に辞書を引きまくること、これが重要になります。発音については、誰かの判断は必要ありません。自分の耳を目いっぱいに活用して、そっくりマネをすることを心がけます。

これらのミッションを完遂した結果残る事実は、基本的に英語では誰にもかなわないけれど、ある一部分だけは誰にも負けない事象が生まれたという事実です。これは、ウソでもイツワリでもなく、ただただ事実なのです。

コンプレックスを感じるほどニガテだった英語を、極めて限定的であるとはいえ、誰にも負けないレベルで話せるようになったという事実は、うまく行けば自信につながり、さらにうまく行けば、英語の苦手意識の払拭につながらないとも限らないのです。

もちろんこれらはほんのひとつのアイディアですから、何にしても、これは!と思われることがあれば、ぜひチャレンジしていただきたいと思います。

Copyright © オンライン英会話 オススメ・比較・ランキング. All rights reserved.