受験偏重が祟った結果

日本人の英語力が低いという言われ方が一般化されたのは、何も最近になってのことではありません。現在の韓国のように、受験戦争などということばまで生まれた受験偏重の時代から、すでに日本人の英語力の低さはずいぶん懸念されていました。厳密に言えば、英語力というよりは英会話力というニュアンスに近かったかもしれませんが、いずれにしても、日本人が取り組む英語の勉強は、コミュニケーションツールを身に着けるためのものではなく、あくまでも受験で点数をとることのほうに重きを置いたものでした。

受験で点数がとれればそれでよいわけですから、英語の授業に、まるでカタカナを読んでいるかのような発音の日本人の先生が授業を受け持つことだって珍しくないことでした。今ではちょっと信じられないかもしれませんが、点数を取らせるテクニックを持っていれば、ネイティヴにはまったく通じないカタカナ英語であっても、その先生は賞賛されさえしたのです。

もちろんこれは、カタカナ英語しか話すことができないその先生が悪いわけではありません。やはり、日本の英語教育がそもそもの根本から大きく誤った方向を向いていたということになるでしょう。

英語は受験ツールではなく、コミュニケーションツールである

近年学校で日々実施される英語の授業は、出来る限りネイティヴスピーカーが担当、もしくは日本人ティーチャーに帯同する形で進められるようになってきているようですが、では、なぜその昔はそういうスタイルがまったくと言っていいほど採用されなかったのか、ということについては不思議でなりません。

確かに、受験を乗り越えるためには、英語のテストで点数を取らなければならないのはわかりますが、しかしそもそも英語という言語は、日本人の受験のために生まれた言語ではありません。コミュニケーションのツールとして誕生した言語です。それは日本語やフランス語やスペイン語やフィンランド語など、あらゆる地域でおこってきた言語のルーツとまったく同じであり、その概念や意義は、時代や地域によらず普遍的であるはずです。

であるにもかかわらず、日本という国では、英語がコミュニケーションツールであることを忘れさせるほど、受験偏重の授業をつくりあげてしまったと言わなければなりません。もちろん受験が悪いわけではありません。しかし、残念ながら当時の日本の英語教育は満足いくものではなかったと言わなければなりません。

これは、我が国の国民の代表たちが海外で演説するときの英語を聴いていてもよくわかります。あれは正直、顔から火が出るほど恥ずかしいです。また、顔から火も出なければ煙も立てず、まるで自分がネイティヴスピーカーであるかのように身振り手振りを交えて満足そうに演説しているあの姿を目にすることほど日本人として恥ずかしいと思うことはありません。おそらくみなさんも同じ思いなのではないかと察します。

学ぶのではなく、用いる教育を

日本語にしろ英語にしろ、学ぶということはとても素晴らしいことです。また、言語だけではなく、自然科学や社会学、生物学など、いろいろな学問から何かを学ぶということは素晴らしいことです。ですから当然英語を学ぶというスタンスだって、決して否定されるべき対象ではありません。

ただ、ここでよく考えていただきたいのですが、私たち日本人が日本語を不自由なく読み書きし、話すことができるようになった理由として、学校で勉強したからと答える人がはたしてどれだけいるでしょうか?

私たち日本人が、日本人の日本語として通用するレベルでコミュニケーションをとることができるようになった直接的根拠は、学んだことではなく、学んだことを実践に生かし、活用したというところにあるはずです。

高校や大学の入試の点数は取れるのに、海外(英語圏の国)に行ったらコミュニケーションが不安で仕方がない日本人が減らないのは、彼らが英単語を知っていて、英文法を理解しているだけで、単語や文法の使い方、使い道を知らないからです。

今後日本の英語教育は、少しでも学ぶことから用いるというスタンスへと舵を切らなければならない時期に来ているといえます。というか、今までに何度となく訪れたその時期を、日本の英語教育はことごとく逃してきたというべきでしょう。

オンライン英会話がこれだけ人気になるのもわかる

それを証拠に、国策や学校に頼っていられないと考えるようになった日本人が増えたからこそ、実践、活用の場を求めてオンライン英会話がこれだけ注目されるようになってしまったのです。オンライン英会話の業者は喜ぶかもしれませんが、このことは、正直言って手放しで喜べることではありません。

オンライン英会話で実践されるような教育こそ、本来学校で必要な英語教育の理想の形であるということを、実際にオンライン英会話のユーザーさんたちは今ごろ痛感しているのではないでしょうか。だって、英語は受験で点数を取るためのものではなく、コミュニケーションのためのツールであるという普遍的概念の上に成り立つ言語なのですから。

今は学校でもパソコンが1人につき1台使える時代になってきています。タブレットも1人1台配布されるなどという話が持ち上がる時代になっています。もちろん、パソコンやタブレット端末を利用してオンライン英会話をはじめなさいとは言いませんが、オンライン英会話のようなことは、今すぐにでもはじめるべきであると、これはかなり自信を持っていえます。

ある意味オンライン英会話は、日本の英語教育のあるべき姿を暗に示唆しているのです。

Copyright © オンライン英会話 オススメ・比較・ランキング. All rights reserved.