オンラインか、教室か

英会話を学習する方法は、大きく分けてふたつあります。ひとつが、昔から親しまれてきた、いわゆる英会話教室を利用するという方法です。そしてもうひとつが、近年広い年齢層から高い支持を受けるようになってきたオンライン英会話です。

早い話が、インターネット時代に突入して以来、何かと話題になる実店舗か、オンラインショップかという、利用者にとっての悩ましい選択が、英会話学習の現場にも波及したということになるわけです。

英会話学習に限らず、この手の善し悪しは簡単に決めることができるものではありません。それぞれにメリットもありますし、それぞれにデメリットがあります。しかも、その利害はそれぞれのサービスを利用する目的や価値観、さらには境遇によっても大きく変わってきます。

たとえば、すでに社会に出ていて、しかも会社に勤めているという人にとっては、英会話教室よりもオンライン英会話のほうが何かと好都合である可能性のほうが大きいといえます。反対に、たとえば主婦仲間同士が英会話を学習しましょうなどと相談して英会話学習をすることになった際には、どちらかといえば英会話教室のほうが適しているといえるでしょう。

このように、どちらがよいかということに関しては、その個人を取り巻く環境によっても大きく結論が変わってくることが想定されます。

評価の要素を精査する

一般論としてどちらが良いということが成り立たない以上、英会話教室かオンライン英会話かの選択は、個人にとってのメリット、デメリットのバランス感覚が重要になってくるということになります。

また、実店舗にしろネットショップにしろ、どちらにもメリットがあり、デメリットも生じると考えるほうが自然でしょう。いくら環境によってメリット・デメリットが変わってくるとは言っても、メリットだけしかなくて素晴らしいとか、デメリットばかりで話にならないといった一方的な結論に落ち着くこともないはずです。

そこで、実店舗型の英会話教室を選ぶ場合、ヴァーチャル型のオンライン英会話を選ぶ場合それぞれに対してメリット・デメリットを列挙し、自分にとってどちらがよりメリットが大きく、デメリットが小さくなるかという観点で、英会話学習の方法を模索する方法が有効であると思われます。

もちろん、メリットよりもデメリットのほうが大きくなってしまう選択はしないに越したことはありません。ただ、もし英会話を学習する必要に迫られている人が、精査した結果、どちらもデメリットのほうが大きくなってしまったというケースも考えられなくはありません。しかしこのケースでも、できるだけメリットとデメリットの差が小さいほうを利用するのが得策であることは言うまでもありません。

機械オンチな人は英会話教室のほうがよい

実店舗型の英会話教室かオンライン英会話かを決する場合、少なくとも通信環境の有無に影響されることは間違いありません。通信環境を整えることができない、あるいはパソコンやスマホ、携帯電話などといった通信機器を持っておらず、今後持つ可能性が低いという人であれば、やはり実店舗型の英会話教室のほうがよいということになるでしょう。

また、家族が使っているパソコンやネット環境はすでに整っているものの、自分はどうしても機械の操作がままならないという人も、あまりオンライン英会話にこだわりすぎてしまうと、それ自体が逆にストレスになってしまう可能性も考えられますので、極度の機械オンチの人は、やはり実店舗型の英会話教室のほうがメリットが大きくなるといえるでしょう。

マンツーマンレッスンが希望の方はオンライン英会話のほうがよい

近年は、実店舗型の英会話教室であっても、マンツーマンレッスンを実施している教室がありますが、正直まだ一般に浸透しているというところまでは行っていないということになるでしょう。

ですからそういった意味では、マンツーマンレッスンを希望する方にとっては、やはりオンライン英会話のほうがより確実に希望がかなえられるはずです。

上記の比較はほんの一例ではありますが、このように、評価の要素を比較することによって、実店舗型の英会話教室かオンライン英会話かを決定するのが一番無難な方法であるといえるでしょう。

Copyright © オンライン英会話 オススメ・比較・ランキング. All rights reserved.