オンライン英会話は大人だけではない!?

オンライン英会話というと、どちらかといえば、忙しい社会人が家に帰ってから、自宅のパソコンやスマホ、タブレットなどからマンツーマンレッスンを受けることができる英会話学習サービスというイメージが一般化しています。ただ、大人にとって良いと感じるサービスであれば、それが自分の子供のためになる以上、子供にも勧めたいという気持ちになるのは自然なことです。

事実、オンライン英会話のサービスを利用して英会話の学習ができるのは、大人に限ったことではありません。実は、子供に向けた英会話学習のカリキュラムを用意しているオンライン英会話の会社は少なくないのです。今回は、そういったサービスについていろいろご紹介していきたいと思います。

子供向けオンライン英会話のカリキュラム

ただ、子供とひと口に言っても、乳幼児から小学生、中学生、それに、広い意味では高校生だって年齢区分の上では子供ということになります。ですから、単に子供向けオンライン英会話とは言っても、実際はもっと細分化したサービスが、いろいろな年齢層の子供に向けて提供されているというのが現状です。

とはいえ、たとえば中学生がオンライン英会話を利用するとなると、どちらかといえば英検(実用英語技能検定)の対策としてレッスンを受けるというケースが多くなります。また、高校生についても英検やTOEICへの対策として、オンライン英会話を利用する生徒が多いといえます。

となると、やはり子供向けオンライン英会話というと、一般的にはキッズに向けたオンライン英会話ということになります。キッズというのは、基本的には小学生以下という設定になっている会社が多くなっています。しかし中には中学生以下としている会社もありますので、このあたりの解釈、裁量は、会社によってややバラエティに富んでいるといえます。

いずれにしても、高校生以上は、もう一般的な(社会人向けの)オンライン英会話としてのカリキュラムをこなす必要があると考えるべきでしょう。

キッズ向けオンライン英会話はどんな内容?

たとえば、社会人のように、実務で英語が必要になるという子供は多くありません。ですから、将来に備えた英会話学習の一環として、キッズ向けのオンライン英会話のサービスを利用することになるわけですが、ただ、将来というと、あまりにも漠然とした形しかイメージされませんので、やはり当面の目標となる指標のほうをイメージすることになります。

つまり、キッズ向けのオンライン英会話では、やはり英検の文字を目にすることが多くなります。現在の日本では、子供に向けた英語力の指標にはまだまだ乏しいといえます。そして、英検であれば、小学生から受検が可能になりますので、やはり英検をひとつの目標ととらえてカリキュラムをこなすという方向性が、オンライン英会話の会社からも提案されているということになります。

幼児向けオンライン英会話はどんな内容?

オンライン英会話のサービスを提供する会社によって、小学生以上(キッズ)、小学生以下(幼児)というように、明確にコースを分けて設置しているところもあれば、小学生以下はすべてキッズとしてサービスを提供し、年齢によってそのくくりの中でさらにカリキュラムを細分化するというシステムを採用しているところもあります。

ですから、だいたいどのオンライン英会話でも、3歳以上にサービスを提供するというシステムを採用していますので、3歳以上になったらオンライン英会話のサービスを利用できるようになるというひとつの目安にはなりやすいといえるでしょう。

今の時代、とにかく子供への英語教育、英会話教育への意識が非常に高まっていますので、キッズ向けオンライン英会話のサービスはとても人気が高いです。もちろん、スクール型の英会話教室に比べてコストパフォーマンスに優れているというのは大人向けのコースと同じですから、そのあたりもキッズ向けオンライン英会話が高い人気を示している理由となっています。

Copyright © オンライン英会話 オススメ・比較・ランキング. All rights reserved.