講師の比重が大きいオンライン英会話選び

オンライン英会話を選ぶ上で、講師・インストラクターの比重は非常に大きくなります。オンライン英会話の場合、どうしても料金の安さや気軽さ、手軽さばかりが注目されますが、やはり英会話のスキルがレベルアップできなければ、どんなに安くても、どんなに気軽、手軽であっても意味をなしません。そういった意味では、講師の部分に比重が偏るのも当然のことといえます。

確かに無料体験レッスンを実施しているオンライン英会話も少なくありませんが、しかし多くの場合、たったの1回に限られますから、たとえそのときに担当したインストラクターが良くても、そのオンライン英会話全体のインストラクターの評価にはつながりませんし、逆に、そのときのインストラクターに悪印象を抱いたとしても、他にはたくさん良いインストラクターが在籍しているのかもしれません。ですから、インストラクターに関しては、ある意味時の運なのです。

ただ、もしはじめに担当したインストラクターにあまり良い印象を受けなかったとして、次回以降もずっとそのまま同じインストラクターが担当するということになると、レッスンへのモチベーションは正直下がってしまうことになると言わなければなりません。とすると、講師を変えてもらうことができるか否かということも、オンライン英会話を選ぶ上ではとても重要なファクターとなりうるわけです。

講師は変わるのか変わらないのか

オンライン英会話でレッスンを受ける際の講師の変更についての問題ですが、これは結論から言ってしまうと、どちらの可能性もあるということになります。つまり、一度担当した講師がその後もずっと担当するタイプと、毎回講師を変える、あるいは選ぶことができるというタイプと、オンライン英会話には主にそのツータイプがあると考えてください。

これらのタイプごとに、それぞれメリット・デメリットがあります。もちろん、講師を変えることができるメリットは、自分のお気に入りのインストラクターにレッスンをうけもってもらうことができる可能性が高まるというところにあります。そして、講師不変の担任制のオンライン英会話では、講師と生徒の信頼関係が生まれやすく、モチベーションアップにつながる可能性が高まるところにメリットがあります。

しかし逆に、それぞれにデメリットが生まれる可能性も当然考えられます。そして、英会話の上達という意味では、デメリットをできるだけ小さくしなければならないという観点からも、この部分は少々デリケートな話になってきます。詳しく次以降でお話します。

講師が変わるデメリット

毎回講師が変わることで、新しい気持ちで取り組むことができるというメリットは確かにあるでしょう。小学校のときには、新しい学年になってどんな先生が担任になるのかとワクワクしたことがあったかと思いますが、それと似ています。

しかし、インストラクターというのはみな個性がありますので、講師が毎回変わることによって、インストラクターの個性を毎回受け入れなければならないというデメリットがあります。つまり、生徒側が受け身に回りやすいというのが、英会話の上達という意味で考えたときに、少し大きなデメリットとなりうるファクターであると考えるべきでしょう。

ですからここでも、毎回新たな気持ちで上昇が期待されるモチベーションと、受け身になった結果英会話の上達にもたらされかねない悪影響とのバランスをしっかりと考える必要がある、ということになります。

講師が変わらないデメリット

講師が変わらない、つまり担任制を採用しているオンライン英会話は、擁する講師陣に会社側がそれだけ自信を持っているということが表れたシステムです。ですから確率的に言えば、良いインストラクターのレッスンをずっと受けることができるというメリットを得られる可能性が高いことを意味します。

とはいえ、やはり人間の気持ちというのは、主客の誤差が大きいです。多くが良いと思ったからといって、必ずしも自分が良いと思えとは限らないと言わなければなりません。それに、はじめのうちは良いインストラクターだと思っても、レッスンを受けているうちにだんだんと違和感を覚えるようになってしまうことだって当然想定されます。

そして何といっても、新鮮味がないというのは、モチベーションの低下につながる可能性も考えられます。言い換えれば、飽きです。モチベーションの維持に飽きのこころは大きなマイナスとなると考えられます。

ですから担任制の場合も、やはりメリットとデメリットのバランスを十分考慮する必要があるということになります。

何を信じるのか

口コミや評判というのは、どんなサービス、あるいは商品であっても必ず発生します。そして、善きにつけ悪しきにつけ、すべての人から同じ評価を受け続けることなど、どんなサービスにも商品にもほぼあり得ないことです。

ですから、どんなに良いとされるインストラクターであっても、私はイヤだな…と思えることがありますし、逆に、悪いという評判のインストラクターが自分とはフィーリングがぴったり合っていたということだって十分考えられるのです。

とすると、大切なことは、良いと思ったインストラクターをとことん信じてみるという考え方が必要になります。また、毎回講師を変えたいという希望があるなら、それがプラスを生むと信じて、できるところまではしっかりとがんばるという姿勢が重要になるでしょう。

Copyright © オンライン英会話 オススメ・比較・ランキング. All rights reserved.